有馬ロイヤルゴルフクラブ 公式HP

アドバイザリースタッフ高橋勝成プロに訊く!

高橋勝成プロ
有馬ロイヤルゴルフのアドバイザリースタッフである高橋勝成プロにロイヤルコース・ノーブルコースの代表的なホールの攻め方をアドバイスいただきました。
また、このクラブならではの楽しみ方もご紹介します。

【高橋勝成プロ略歴】
1950年札幌市生まれ。北海高、日本大学経済学部を卒業。
1975年にプロテストに合格。
ジャンボ尾崎選手を決勝で破った87年の日本プロマッチプレー、
ラークカップ、北海道オープンなど優勝14回。ほかに海外で1勝、
シニアで5勝。兵庫県西宮市在住。

高橋勝成 クラブハウス
ロイヤルコースへ
紹介ホール
No.3 C.T 183y B.T 161y R.T 149y L.T 127y
PAR 3 HD15
  check
No.9 C.T 515y B.T 494y R.T 476y L.T 408y
PAR 5 HD5
  check
No.14 C.T 426y B.T 387y R.T 362y L.T 330y
PAR 4 HD2
  check
No.18 C.T 539y B.T 517y R.T 500y L.T 408y
PAR 5 HD6
  check

ノーブルコ−スNo.3

ノーブルコ−スNo.3
ノーブルコ−スNo.3
ノーブルコ−スNo.3
このホールの概要

景観の美しい池越えショートホール。
距離感、方向性がシビアに要求されるタフなホール。
グリーンは縦長でピンより奥に乗せるとパッティングが難しい。

高橋勝成プロ
高橋勝成プロからのワンポイントアドバイス

絵になる美しいショートホール。
150ヤードしっかりキャリーボールを打ちピンの手前に落とすことが必要で、その日のアイアンショットが占えるホールかもしれません。

ノーブルコ−スNo.9

ノーブルコ−スNo.9
ノーブルコ−スNo.9
ノーブルコ−スNo.9
このホールの概要

豪快な打ち下ろしのロングホール。
ロングヒッターなら2オンが狙る。
グリーン手前の池が攻めるか、刻むかの判断を悩ませる。
天候が良ければティグランドから明石大橋を望むこともできる。

高橋勝成プロ
高橋勝成プロからのワンポイントアドバイス

豪快な打ち下ろしのロングホール。
目標が定めにくいが、右クロスバンカーを避けフェアウェイにティーショットを置けると十分2オン可能。
フェアウェイウッドもしくはロングアイアンでグリーン手前池を越せるかどうか、刻むのか攻めるのか悩むところです。

ノーブルコ−スNo.14

ノーブルコ−スNo.14
ノーブルコ−スNo.14
ノーブルコ−スNo.14
このホールの概要

軽い打ち上げで、距離のあるミドルホール。
ティショットはフェアウェイ右サイドへ。
グリーン手前のポットバンカーに注意。
グリーンは傾斜がきつく難しい。

高橋勝成プロ
高橋勝成プロからのワンポイントアドバイス

距離の長い上りのミドルホール。
距離があるためティーショットはグリーン方向の最短ルートを選択したいが、左の崖下を絶対に避けること。
ティーショットのビックボールとセカンドのロング・ミドルアイアンの正確性が必要。このホールでパーセーブできれば一生?記憶に残るのでは。
INコースはこのホールを乗り切れば波に乗れ比較的簡単にスコアメークできる。

ノーブルコ−スNo.18

ノーブルコ−スNo.18
ノーブルコ−スNo.18
ノーブルコ−スNo.18
このホールの概要

左ドッグレッグのロングホール。
ティーショットは正面に見える一本松を目標に豪快に。
セカンドショット以降はティーショットとは逆により正確なショットが要求される。
セカンドショットは遠回りでも必ず右サイドを狙い、サードショットを勝負とする。
グリーンは右から左へ高くなる2段グリーン。

高橋勝成プロ
高橋勝成プロからのワンポイントアドバイス

ティーショットはバンカーを避け左に行きやすいが、バンカーに入っても良いぐらいの狙いで回り道を選択。
勝負は3打目、例え100ヤード前後のベストポジションに運んでいたとしても、谷越えでショートすれば背丈をゆうに超える高低差のバンカーへオーバーすれば奥から非常に速いグリーンへのアプローチと恐怖感を覚えるサードショット。
自身の距離感を信じ中途半端なスイングをせず振りぬく事。
パーオンした、その後もグリーンの難しさに驚かされます。